ヒアルロン酸注射で生じ得る副作用 | 大阪 美容クリニック

余分な成分がふくまれてないか確認しましょう。

大阪 ヒアルロン酸注射 プチ整形

ヒアルロン酸は人体に馴染みやすい素材ですので、プチ整形や豊胸、美肌、アンチエイジングなどさまざまな用途で用いられています。基本的に、ヒアルロン酸はふっくらさせたい箇所に注射で注入するという方法の治療を行っています

大阪 ヒアルロン酸治療ランキング

ヒアルロン酸の成分を確認しましょう。

 

ヒアルロン酸注射で生じ得る副作用

しわを取りほうれい線を解消するためのヒアルロン酸注射が注目されています。 しわのある部分に10分ほどの短時間でヒアルロン酸を注入して改善できます。
真皮の内側に注入されたヒアルロン酸は肌を持ち上げますのでしわが目立たなくなります。 ヒアルロン酸は元々体内にあるものですので、注射で注入された成分も時間の経過と共に徐々に体に吸収されていきます。 ですので、しわやほうれい線のない潤いのある肌を持続させるためには、定期的にヒアルロン酸注射をする必要があります。
持続できる期間は約1年から3年といわれていますので、だいたいそのくらいの間隔で注射をする必要があります。 ヒアルロン酸注射は比較的副作用が少ないと言われていますが、全くないわけではありません。
ヒアルロン酸の効果が長期間持続するために余計な成分を混合されたものが使用されていることもあります。 未熟な技術で注入された場合デコボコになってしまうことがありますが、そのような時にはヒアルロン酸を溶かす薬で解消できます。 しかし、余計な成分が混合されたヒアルロン酸はきれいに溶かすことができない場合があります。

大阪 ヒアルロン酸治療ランキング

ページTOP